Dota Autochess ついに「DuoRank」実装!アイテムドロップ率変更などのアップデート内容も紹介。

Dota Autochess アップデートにより「DuoRank」導入

2019.07.15

Dota Autochess アップデートにより「DuoRank」導入

Dota Autochessをプレイ中の皆様待望の「DuoRank」モードが始まり、それと同時に多少のアップデートが実施されました。
Mobラウンドのアイテムドロップ率の変更や、駒の調整など重要なアップデートですので確認してみては如何でしょうか?

DuoRankモードの導入


2×4ランクマッチが導入されました。
1×8ランクマッチよりもランク変動は小さく設定されています。また、パートナーとのランク差が大きくなるほど、ランク変動は小さくなります。なるべく同ランク帯のパートナーとのプレイをお薦めします。

ラウンド毎にアイテムドロップの代わりに宝箱の出現


10/20/30/40/50ラウンド後に宝箱を開ける事が出来ます。ランダムな3つのアイテムの中から1つを選択して手に入れる事が出来ます。

アイテムドロップ率の低下


これに伴い、アイテム総量のバランスを取る為に通常のアイテムドロップ率が元の値の75%~80%に低下しました。

新アイテムの追加・合成アイテム


新アイテム「サミングストーン」体力増加の宝石×2 + 死神の小石
効果:最大HP+250。攻撃対象のアーマーを3低下させる。所有者が召喚した召喚ユニットの最大HPが+250され、攻撃対象のアーマーを3低下させる。

フリオンの弱体化


フリオンのスキル「樹木の精霊」のクールウダウンが7秒から7/8/9秒に弱体化されました。


この他にもバグの削除など幾つかのアップデートが行われた様です。