Dota Autochess新モード

本家Chess Duoモードの導入!

2019.07.03

本家Chess Duoモードの導入!

Dota Autochess


今回はDotaAutochessのアップデート情報を少しお伝え致します。
昨今、各ゲームタイトルからAutochessの発表がある中、本家はAutochessのDuoのサービスを発表しました。
このDuoだが、細かい詳細はまだ出ていないが、基本は二人一組のDuoとなり、お互いのダメージも半減らしいです。
また、駒の共有も駒の値段の倍の金額を支払う事でパートナーに渡すことが可能となっています。
そのためコスト1の駒とコスト2の駒が前半~中盤で★3にまで進化することが安易となっています。
また、互いの目指すシナジー次第では互いに完成を早める構成も可能となっています。
今回のこのアップデートを機会に、本家AutochessのDuoモードをプレイしてみてはいかがでしょうか?

最新アップデート情報まとめ


・新たな「神」の駒が追加された事に伴い「神」の種族シナジーが変更されました。クールダウン低減が(1)-50%/(2)-50%から、(1)-40%/(2)-40%/(3)-40%に変更されました。

・ウォーロックのクラススキル「ソウルスティール」の効果が(3)15%/(6)25%から、(2)10%/(4)20%/(6)30%に変更されました。

・ドワーフの種族スキル「長距離射撃」に最もHPの低い敵を優先して攻撃する効果が追加されました。
・ハンターのクラススキル「精密射撃」が強化され、攻撃力増加が30/40から30/50に、相手の回避を無視する効果の発生率が30%/40%から60%/100%になりました。

・盾の神マルスの正面からのダメージ軽減効果が30%/50%/70%から30%/45%/60%に弱体化されました。
・メイジのクラススキル「魔法耐性低下」が(3)35%/(6)45%から(3)35%/(6)35%/(9)35%に変更されました。
・マップが変更され水が除去されて約30%フレームレートが向上しました。

・アックスのスキル「狂戦士の雄叫び」の効果時間が0.5秒伸びました。

・ビーストマスター★★★の呼び出す熊に挑発スキルが追加されました。

・新しいクラス「ウィザード」が追加されました。
ウィザードは4つ以上の駒を要求するシナジーにおいて必要となる駒の数を1つ減らします。
それに伴い、ビースト6、アンデッド6、メカ6、ナーガ4、メイジ9のシナジーが追加されました。

・新たな駒が追加されました。

・ルービック(神/ウィザード/2gold)
スキル「スペルスティール」
戦闘開始時にランダムな敵の駒のスキルと通常攻撃の射程を盗みます。
ルービックは準備フェイズの開始時に盗んだ能力を失います。

・グリムストライク(デーモン/ウィザード/4gold)
スキル「運命の一筆」
筆でインクの道を描いて敵を攻撃します。
インクが敵に当たる度にダメージが増加します。
また、ダメージを与えた相手にソウルバインドの状態異常を付与します。
ソウルバインド状態の敵を指定して放たれたスキルは、他の全てのソウルバインド状態の敵にも放たれます。

・新しいゲームモードとマップが追加されました。
1×8 カジュアル
2×4 カジュアル
1×8 ランクマッチ

カジュアルモードではランクは変動しません。また、通常のキャンディ報酬は発生しますが、月間パスの追加キャンディ報酬は発生しません。

・2×4 カジュアル
プレイヤーのHPをチームメイトと共有して戦うモードです。手数料を支払ってチームメイトに駒とアイテムを転送する事が出来ます。

・アサシン以外の駒が移動する際は、飛び跳ねるのではなくテクテクと歩くようになりました。駒が移動する際の無敵もなくなりました。
・★★★の作成時に瞬時に合体するようになりました。
・呪われた吸血攻撃のマスクが作り直されました。
パッシブ:ライフスティール +10%。アクティブ: 攻撃速度+80、自身のアーマー -8、スキル使用不可。この効果は8秒間続きます。

・アサシンが冬のドラゴンのスキル「冬の抱擁」の効果中も殴り続けるバグが修正されました。

一度のアップデートだけでこれだけの変化があるDotaAutochess。
新機能・新シナジー・そして新キャラクター
変化があるためメタも変わります。
読者の皆様も是非プレイしてみてはいかがでしょうか?