PUBG JAPAN SERIES SEASON2 GRADE2 DAY2 結果と振り返り

【PJS Season2 Grade2】Day2 昇格を目指して、各チームが活躍を見せる!

2019年3月1日(金)、 DMM GAMES主催の公式大会 “PUBG JAPAN SERIES SEASON2 GRADE2 DAY2”が開催されました。


■試合概要

全4試合:SQUAD

Round5:FPPモード(Miramar

Round6:FPPモード(Miramar

Round7:FPPモード(Erangel

Round8:FPPモード(Erangel


■試合結果


ROUND5


順位

チーム名

Kill数

スコア

1位

GrimNight REDCELL

8

18

2位

JUPITER CORE

8

12

3位

AzG Stylish Diva

6

11

4位

匠Festival

2

8

4位

Arcana

8

8


ROUND6


順位

チーム名

Kill数

スコア

1位

USG Folklore

15

25

2位

All Rejection Gaming

11

15

3位

Crest Gaming Rapid

9

11

4位

匠Festival

3

9

4位

Zoo Gaming / Penguin

4

9


ROUND7


順位

チーム名

Kill数

スコア

1位

All Rejection Gaming

12

22

2位

匠Festival

9

12

3位

FenriR SoL

4

10

3位

GrimNight REDCELL

5

10

5位

Zoo Gaming / Penguin

5

9


ROUND8


順位

チーム名

Kill数

スコア

1位

Ace1 Delight

12

22

2位

Crest Gaming Rapid

6

12

3位

JUPITER CORE

7

11

4位

Arcana

5

10

5位

世界の名作劇場

6

9



■Round5 ---FPPモード / マップMiramar---


Day2初戦は、緩やかな立ち上がりとなります。

中盤から、安全地帯の拠点を確保するチームと安全地帯に入りたいチームの牽制が起こります。


終盤は5チームによる戦闘。

唯一4名が生存している”GrimNight REDCELL (GNR)”が有利です。

残る4チームは2名か1名のみ生き残っており、生存順位を上げたいところです。

高台からGNRが一方的な銃撃を仕掛けます。”Ace1 Delight (A1D)”、さらに”AzG Stylish Diva (ASD)”を撃破します。

残り2チームとなり、”匠Festival (TF)”は1ポイントでも多く取りたいところでしたが、GNRがそうはさせまいと囲い込んでキル。

全員生存のままGNRがドン勝を獲得しました。



■Round6 ---FPPモード / マップMiramar---


前ラウンドドン勝でさらに調子を上げたい”GrimNight REDCELL (GNR)”でしたが、中盤、3チームからの集中砲火を食らい脱落してしまいます。


終盤戦、高所を確保した”USG Folklore (USF)”が有利を取ります。

5チームが生き残る状況で睨み合いが続きます。

まず脱落したのは”PNG Fairy (PNF)”。安全地帯に入りたかったところを狙われました。

All Rejection Gaming (ARG)”、”Zoo Gaming / Penguin (Zoo)”も敗退し、残るは2チーム。

USFと”匠Festival (TF)”の4対2となります。

TFが2名キル、さらに1名ダウンとあと少しでドン勝に手が届くというところでしたが、USF_Homujp選手が意地を見せ、キルを返しました。

ドン勝したのはUSFとなりました。



■Round7 ---FPPモード /  マップErangel---


序盤からチーム同士の熾烈な集団戦が起こります。

ラウンド開始8分からいきなり”Arcana (Arc)”と”PUBGRU Rahxephon (PRH)”がぶつかり合います。Arcが勝利し、フェーズ1から脱落チームが出ました。


最終戦は”All Rejection Gaming (ARG)”と”FenriR SoL (FS)”のガチンコ対決です。

遮蔽物はなく、伏せることで辛うじて姿を隠せる草原での戦闘となります。

まずはFSが1人をキルし、3on3となります。

しかしFSが攻め寄ろうとしたところを潜んでいたARGが撃ち抜き、人数差を作ります。

そのままARGが押し切り、ドン勝を手にしました。



■Round8 ---FPPモード / マップErangel---


中盤、戦場は森林地帯と家屋となります。

良いポジションに拠点を得るために、各チームの戦闘が激化します。

終盤戦、”Ace1 Delight (A1D)”、”Crest Gaming Rapid (CGR)”、”Arcana (Arc)”の三つ巴の争いとなりました。

ブルーゾーンが迫り移動を余儀なくされたArcを見逃さず、CGRが全滅させます。

A1Dは高所に展開し、CGRはその懐に潜り込もうとします。

しかしA1Dも激しく銃弾を浴びせ近寄らせません。身を隠すこともできず、CGRは2人がダウンを取られます。

残ったCGRは何とか1人をキルするも、人数差を覆すことはできず、A1Dが勝利。

ドン勝を手にしたのはA1Dとなりました。



GRADE2 ROUND1 - 8 TOTAL -最終結果-


順位

チーム名

Kill数

スコア

1位

Crest Gaming Rapid

52

87

2位

FenriR SoL

41

69

3位

USG Folklore

43

61

3位

Arcana

40

56

5位

All Rejection Gaming

33

53


DAY2までの結果、1位はCrest Gaming Rapid”となりました。