PUBG JAPAN SERIES SEASON2 GRADE2 DAY1 結果と振り返り

【PJS Season2 Grade2】Day1 PJS開幕!"Crest Gaming Rapid"が2ドン勝を獲得

2019.02.25

【PJS Season2 Grade2】Day1 PJS開幕!"Crest Gaming Rapid"が2ドン勝を獲得

2019年2月22日(金)、 DMM GAMES主催の公式大会 “PUBG JAPAN SERIES SEASON2 GRADE2 DAY1”が開催されました。


■試合概要

全4試合:SQUAD

Round1:FPPモード(Miramar

Round2:FPPモード(Miramar

Round3:FPPモード(Erangel

Round4:FPPモード(Erangel


■試合結果


ROUND1


順位

チーム名

Kill数

スコア

1位

PUBGRU Rahxephon

7

17

2位

Crest Gaming Rapid

8

14

3位

Arcana

6

11

4位

ROX Orcas Blue

8

10

5位

JUPITER CORE

6

9


ROUND2


順位

チーム名

Kill数

スコア

1位

Crest Gaming Rapid

14

24

2位

Arcana

7

12

3位

FenriR SoL

5

11

4位

PUBGRU Rahxephon

5

8

5位

All Rejection Gaming

4

6


ROUND3


順位

チーム名

Kill数

スコア

1位

Crest Gaming Rapid

8

18

1位

FenriR SoL

12

18

3位

GrimNight REDCELL

8

10

4位

USG Folklore

8

9

5位

ROX Orcas Blue

3

8


ROUND4


順位

チーム名

Kill数

スコア

1位

FenriR SoL

12

22

2位

USG Folklore

9

15

3位

AzG Stylish Diva

3

8

4位

GrimNight REDCELL

5

7

5位

JUPITER CORE

5

6



■Round1 ---FPPモード / マップMiramar---


序盤から激しい戦闘が起こります。

Ace1 Delight (A1D)”と”世界の名作劇場 (WMT)”が撃ち合い、そこに”PNG Fairy (PNF)”が横槍を入れます。

まずは集中砲火を受けたA1Dが脱落、さらにWMTPNFを全滅させます。


最終戦は”PUBGRU Rahxephon (PRH)”と”Crest Gaming Rapid (CGR)”の一騎打ちとなります。

PRHが4名、CGRが3名生存の状況と、PRHの方が若干有利です。

しかしCGRが2人ダウンを奪い、じわじわと追い詰めます。

PRHは1人を蘇生することに成功し、さらに2名をキル。

有利を取り返したPRHCGRを殲滅し、ドン勝を獲得しました。



■Round2 ---FPPモード / マップMiramar---


中盤に差し掛かり、各チームは積極的に戦闘を仕掛け、キルポイント獲得のために動きます。


終盤戦は4チームが山を挟んで展開します。

Crest Gaming Rapid (CGR)”が4名生存と人数上有利ながら、これからの移動の仕方によってはまだ勝敗は分かりません。

まずは”Arcana (Arc)”と”ArtiFact (AFE)”が鉢合い、ArcAFEをキルします。

ArcCRGが坂を挟んだ戦闘で削り合い、そのサイドから”FenriR SoL (FS)”が威嚇します。

全チーム1名生存となり意地でも勝ちたい状況で、CGR_LevArie選手がArcFSに撃ち勝ち、ドン勝を手にしました。



■Round3 ---FPPモード /  マップErangel---


前ラウンドドン勝の”Crest Gaming Rapid (CGR)”が、今回もその存在感を発揮します。

中盤、乱戦状態の戦場へ介入、”PUBGRU Rahxephon (PRH)”を壊滅状態に追い込みます。

そのまま高所を確保し、戦場を見下ろします。


終盤、ほとんどのチームが少数生存となり、息を潜めます。

最後に残ったのはCGRと”FenriR SoL (FS)”。4名対3名で睨み合います。

スモークを撒いてFSが先制するも、CGRも反撃。

人数で勝るCGRが勝利をつかみ、ドン勝となりました。



■Round4 ---FPPモード / マップErangel---


中盤活躍したのは”USG Folklore (USF)”。

持ち前の撃ち合いの強さを活かし、キルを重ねていきます。

1人を落とされるも、終盤戦へと駒を進めます。


Day1最後の戦場へ残ったのは、USFと”FenriR SoL (FS)”となりました。

FSは高所に位置取りますが、安全地帯が狭まった時には移動しないといけません。一方のUSFは安全地帯の中央に近いものの低所で撃ちおろされる危険があります。

FSは坂上から攻撃を仕掛け、それを囮に車両でサイドを抜け裏まで回り込みます。

策が上手くはまり、USFを挟み撃ち。FSUSFを制します。

ラウンド2、3とあと一歩のところでドン勝には届かなかったFSが、今度こそドン勝を掴みました。



■Day1 TOTAL


順位

チーム名

Kill数

スコア

1位

Crest Gaming Rapid

32

58

2位

FenriR SoL

29

51

3位

PUBGRU Rahxephon

15

32

4位

USG Folklore

22

30

5位

Arcana

18

28


DAY1見事1位に輝いたのはCrest Gaming Rapid”となりました。