PUBG JAPAN SERIES SEASON1 GRADE2 DAY4 結果と振り返り

【PJS Season1 Grade2】Day4 ”PUBGRU Rahxephon”圧巻の2連続ドン勝!

2018年10月28日(日)、 DMM GAMES主催の公式大会 “PUBG JAPAN SERIES SEASON1 GRADE2 DAY4”が開催されました。


Grade1から降格してきた”Avengers Asteria”、”PUBGRU Brave”、”Crest Gaming Rapid”、”USG-Hyster1cJam”、”RimseRera”、”Zaphkiel Gaming”が加わります。


■試合概要

全4試合:SQUAD

Round1:FPPモード(Miramar

Round2:FPPモード(Erangel

Round3:TPPモード(Miramar

Round4:TPPモード(Erangel


■試合結果


ROUND1


順位

チーム名

Kill数

スコア

1位

SengokuGaming Survive

12

680

2位

LeXy Blanc

11

475

3位

Stylish

2

430

4位

PUBGRU Brave

5

425

5位

Zaphkiel Gaming

10

400


ROUND2


順位

チーム名

Kill数

スコア

1位

PUBGRU Rahxephon

11

665

2位

GrimNight REDCELL

8

520

3位

All Rejection Gaming

4

410

4位

Crest Gaming Rapid

6

400

5位

AKIHABARA ENCOUNT

7

355


ROUND3


順位

チーム名

Kill数

スコア

1位

PUBGRU Rahxephon

15

625

2位

JUPITER CORE

7

605

3位

PUBGRU Brave

10

500

4位

Stylish

3

355

5位

elude Arts

6

340


ROUND4


順位

チーム名

Kill数

スコア

1位

Stylish

7

605

2位

Avengers Asteria

11

565

3位

SengokuGaming Survive

8

470

4位

PUBGRU Rahxephon

6

400

5位

All Rejection Gaming

6

360



■Round1 ---FPPモード / マップMiramar---


前半戦を動かしたのは”AKIHABARA ENCOUNT”。

絶好調のAE_rebekka094選手が、味方をダウンされながらも”Avengers Asteria”を撃破、さらに”All Rejection Gaming”も倒しキャリーします。


最後に残ったのは”SengokuGaming Survive (SGS)”、”PUBGRU Brave”、”Stylish”の3チーム。

4人全員が生存するSGSが1チームずつ壊滅させ、ドン勝を手にしました。



■Round2 ---FPPモード / マップErangel---


終盤戦、遮蔽物の少ない安全地帯で”PUBGRU Rahxephon (PRH)”、”GrimNight REDCELL (GNR)”、”All Rejection Gaming (ARG)”、”Crest Gaming Rapid (CGR)”の4チームが争います。

PRHが4名、他チームが2名ずつ生存する状況。

まず落とされたのはCGR。草陰に伏せてPRHに奇襲を狙うも、素早いカバーに倒されます。

続いてARGが脱落し、残るGNRPRHが攻め立てます。

GNRが1人キルを奪うも、広く展開したPRHがせん滅し、ドン勝となりました。



■Round3 ---TPPモード / マップMiramar---


このラウンド、”PUBGRU Rahxephon (PRH)”と”PUBGRU Brave (PRB)”の同門2チームがそれぞれ活躍します。

両チームともに中盤から積極的に攻撃し、キルを重ねていきます。


終盤まで生き残ったPRHPRB、そして”JUPITER CORE (JUC)”が睨み合います。

先に動いたPRBPRHが、さらにPRHJUCがキルし、JUCがドン勝を獲得しました。

しかし、大量キルを稼いでいたPRHJUCを押しのけランキング1位を取りました。



■Round4 ---TPPモード / マップErangel---


序盤では、安全地帯に遮蔽物が少なく、先にエリアを確保していたチームが後続を刈り取る流れとなりました。


終盤戦においても、安全地帯は開けたエリアとなります。

Stylish (STL)”、”Avengers Asteria (AAA)”、”SengokuGaming Survive (SGS)”、”PUBGRU Rahxephon (PRH)”、”All Rejection Gaming (ARG)”の5チームが削り合います。

どのチームも満身創痍の中、まずはSGSARGをキル。次にPRHSGSがエリアに入りきれず、ブルーゾーンに呑まれ脱落します。

AAAが他チームに発砲したことにSTLがすかさず反応し、背中を撃ち抜きました。

Stylish”がドン勝を獲得し、Day4は終了しました。




■GRADE2 ROUND1 - 4 TOTAL -最終結果-


順位

チーム名

Kill数

スコア

1位

PUBGRU Rahxephon

34

1910

2位

Stylish

12

1540

3位

SengokuGaming Survive

22

1390

4位

JUPITER CORE

15

1265

5位

LeXy Blanc

20

1250


そしてこちらがGRADE2 ROUND1 - 4 TOTALです。