PUBG Global Championship 2019 Grand Final(PGC)の大会内容・結果をご紹介。

PUBG Global Championship 2019 Grand Final(PGC)の結果と解説

WRITTEN BY "Yone"
2019.12.18

PUBG Global Championship 2019 Grand Final(PGC)の結果と解説

国内ではプレデターリーグの予選が終わり、日本代表の2チームが選ばれた所ですが、先日行われたPUBGの世界大会であるPGCを振り返りたいと思います。

PGCとは?


先日開催されたPGCとは、世界各国のリーグで優秀な成績を収めた32チームが集い、その頂点を目指して行われた、賞金総額350万ドルの大規模な世界大会です。
11月9日から11月25日まで行われていた本大会は、以下の試合構成で進行されました。

PGC3


残念ながら日本代表の「RascalJester」は敗者復活ならず「SunSister」はセミファイナルで敗退となりGrand Finalは以下16チームへ絞られました。

Y


前評判の高かった「TeamLiquid」「Infantry」の敗退は個人的には意外であり、その中でもSemiFinalの最終戦「FaZeClan」の大逆転劇は興奮が収まりませんでした。

4:53:05~


最終戦前の結果時点で24チーム中24位32点で最下位、ボーダーが60点付近と予想されていた中でGrandFinalへの出場を得るためには、大量キル及びドン勝を取らなければほぼ不可能とされていた逆境を乗り越えギリギリ16位へ滑り込みました。

Grand Final 1日目



2


ROUND1、2と安置を引き寄せ連ドンでスタートした初日は「GEN.G」が総合1位で折り返しとなりましたが、ROUND3以降は得点が伸びなかったことから、安定して高順位をキープしていた「4AM」や「ENF」「ENA」が10ポイント差以内に詰め寄ったためどのチームもすぐに引っくり返せる結果で1日目を終えました。
そしてROUND5、6で大量得点を得た「FaZeClan」の圧倒的Miramarの得意な感じは2日目も序盤からやってくれるのではないかという期待が持てました。

Grand Final 2日目


そして始まった2日目のROUND7『PowerGrid』付近を中心とした安置となり『PowerGrid』西にある集落に序盤から布陣していた「FaZeClan」が1日目の調子をキープし10キルドン勝し、TOPとの差を縮められるかと思いきや「GEN.G」は2位13キル19ポイントと絶好調で1ポイントしか差を縮められませんでした。

Yon3


そんな「GEN.G」は第2フェーズ終了間際までパルス外の高い場所から次に入れる場所を2箇所で探り、第3フェースのパルスが『MonteNuevo』に寄ったため見事敵が少ないエリアからの展開に成功し大量キルを稼ぎ高順位につきました。これで東に寄っていたら相当厳しかったですが、それ以外の3方向へのアプローチの選択肢は作っていたように思えます。見事でした。

Yone4


ROUND9、11は「4AM」がドン勝を取り、最終戦のROUND12に入る前の時点で以下の順位でした。以下のROUND9「Forever」選手による見事なドン勝は見る価値ありです!
「FaZeClan」もキルは伸びなかったものの順位を確実に取り、逆に「GEN.G」はROUND9~11で4ポイントしか取れていなかったため、上位3チームによる優勝争いが予想される結果となっていました。



最終戦のROUND12、安置は西に寄り「FaZeClan」ド真ん中の安置でしたが、近くの海岸にいた「VCGaming」とのファイトになり、開幕から2名を失い中心の集落に2名で安置を待つ形となりました。
序盤で「4AM」はダウンしてしまった味方を無理やり起こそうとした1名がさらにダウンし、起こせない事を悟った2名は安置の中心への移動を余儀なくされ移動中に全滅し、このROUND12で致命的な0ポイントで結果を待つのみとなりました。
「FaZeClan」も最終局面まで1名生存していたものの、常に3名以上残せていた「GEN.G」がキルを稼ぎPGC2019優勝となりました!

最後に!


まだまだ世界の壁は高く感じるものの、日本の成長が感じられた楽しいPGC2019でした。
そして、昨年行われた「PUBGJAPANSERIESWINTERINVITATIONAL2019」がまた今年もやってきました!昨年選手として参加した私ですが、今年は残念ながら不参加です。

Yone5


チケット販売終了後に今回のPGCで優勝した「GEN.G」が参加すると聞いてとても後悔しました。参加される方々は是非楽しんできてください!
同じチームメイトであるMasashi選手は観戦するみたいなので本物の「いたらファイト!」が見たい方、サインが欲しい方は遠慮なく声をかけてください!


それでは良い年末年始を!

Yone様々なゲームでトップ選手として多数の大会で結果を残し、今もなお選手活動を続けている。
現在は「いろはにぽぺと侍ゲーミング」(ISG)のPUBG部門で活動中。
主な成績:ペーパーマン2連覇、FPS甲子園優勝、Overwatch優勝、PUBG・G1準優勝

Ranking
ランキング

Feature
特集